« スルガ銀行ダイレクトバンク支店(1) | トップページ

スルガ銀行ダイレクトバンク支店(2)

前回の記事で、新規に開設するネット銀行の候補を以下の三行に絞り込んだ旨について記しました。

  • スルガ銀行
  • 新生銀行 
  • シティバンク銀行 eセービング

この三行のキャッシュカードの裏面には「PLUS」や「STAR」のマークが記されており(スルガはVISAデビットカードに限定)、海外のATMでの現地通貨引き出しに対応していることが分かります。

では、この選択肢の中からどうして私がスルガ銀行を選ぶに至ったのか、その理由をつづりたいと思います。

  • 入出金の手数料は無料?

ネット銀行を利用するにあたって、最も欠かせない点が入出金の利便性と手数料です。今回は3つ目の口座を開くということから、海外での通貨引き出し以外にも何かしかの役目を持った口座にしたいと考え、普段はメイン口座からの自動引き落としを除いた毎月の必要資金を置いておく口座にしようと結論付けた(引き出し可能金額を容易に把握できるようにする目的)ため、特にその点を重視しました。
そうなると様々なATMが利用可能でかつ、入出金にかかる手数料が預金額に関係なく回数無制限で無料の所が望ましいということになります。それに合致するのは新生銀行スルガ銀行ダイレクトバンク支店でした。
スルガ銀行ダイレクトバンク支店は、もとがソフトバンク支店であった時代の名残から、SBI証券の口座への資金振替契約があるとゆうちょ銀行や都銀・地銀・コンビニ等のATMを無料で利用できる特典があります。
新生銀行は以前からゆうちょ銀行等のATM利用手数料を無料としていますが、地銀等のATMは利用できません。またシティバンク銀行は100万円以上の預金残高がないとATM手数料を無料にできないので、この面では劣ります。

  • 海外での引出手数料

新生銀行 VISAインターナショナルの決済レート+4%
スルガ銀行 VISAインターナショナルの決済レート+1.63% 1回の引き出しごとに別途210円
シティバンク銀行 シティバンク銀行のTTS(USドルの場合で中値であるTTM+1%強)+3% 1回の引き出しごとに別途210円

引き出しごとの手数料が新生銀行はかからないため、小額の利用であれば新生銀行が最も得です。しかし8,860円相応以上の外貨を引き出した場合には、引出手数料を含めてもスルガ銀行が最も手数料の低い銀行となります。

以上の2点より、まずスルガ銀行ダイレクトバンク支店か新生銀行のいずれに開設口座を絞り込み、SBI証券の口座を以前より保有していたこと、国内では銀行・時間帯を選ばずどこのATMでも手数料なしお金を引き出せるメリットがあること、海外であるていどまとまったお金を引き出す事態を考慮したことから、開設口座をスルガ銀行ダイレクトバンク支店のものに決定しました。

現在、給与日当日かその1・2日後にはメイン口座から自動引落分のお金を除いた生活費・雑費をこの口座に移しており、時間帯・場所を選ばず必要な時にお金をおろせるメリットを享受しています。

|

« スルガ銀行ダイレクトバンク支店(1) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/37818207

この記事へのトラックバック一覧です: スルガ銀行ダイレクトバンク支店(2):

« スルガ銀行ダイレクトバンク支店(1) | トップページ