« 資産配分と比較 (2009年5月1日) | トップページ | 資産配分と比較 (2009年6月4日) »

イーバンク銀行 残高に応じた手数料体系に変更

楽天の系列下に入り、経営再建に取り組んでいる最中のイーバンク銀行ですが、また手数料体系の変更が行われる模様で、今日私の元にe-mailが送られてきました。

今度の改正で、口座残高が10万円以下の者に対しては一切のATM手数料優遇がなくなることになりそうです。

従来は、保有しているキャッシュカードの種類(クレジットカード内蔵か否か、マネーカードの場合はそのランクによる)によって1~5回のATM手数料優遇がありました。しかし、今後(2009年8月1日以降)は口座残高が10万円以上の者に対しては月1回、50万円以上は月2回、100万円以上は月5回、300万円以上は月7回と、口座残高に応じた利用手数料優遇を行うと報じられています。

既にネット銀行のメインを住信SBI銀行に移し、イーバンク銀行の残高は数万円程度となっていた私にとっては、更に同行を用いることへのメリットが薄れたような気がしてなりません。前にも増して休眠口座となりそうな気がしています・・・

|

« 資産配分と比較 (2009年5月1日) | トップページ | 資産配分と比較 (2009年6月4日) »

コメント

ネット銀行においてのATM手数料有料は、イーバンクだけ?致命的やね!
もしそうだったら解約しよかな?
そのうち解約手数料取られるようになったりして!
使われない口座が増えると犯罪に使われる口座No.1になったりして。

投稿: HHHH | 2009年7月17日 (金) 06時34分

HHHHさん、コメントありがとうございます。

入金でも手数料が取られるという段階で、かなりマイナス評価になるのではないかと感じています。

投稿: 新幹線 | 2009年7月17日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/29579922

この記事へのトラックバック一覧です: イーバンク銀行 残高に応じた手数料体系に変更:

« 資産配分と比較 (2009年5月1日) | トップページ | 資産配分と比較 (2009年6月4日) »