« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

P-ONE

ここ2ヶ月ほど、私はそれまでメインにしていたAmazonカードのサービス終了通知を受け、新たなクレジットカードを探す作業を行っていました。

そしてネットや書籍を用いた検討の末、とりあえずAmazonに代わって通販では楽天の使用回数を増やしていたので楽天カードを、更に現金に代わって小口でもクレジットカードを利用することが多かったので、還元を比較的得やすいと思われるP-ONEカードを申し込んでいましたが、4週間前に前者の、そして今日になって後者のカードが到着しました。

P-ONEカード(ブルー)。買い物代金の1%が自動的に決算の際に差し引かれる(=キャッシュバックされる)のがメリットで、ポイントによる0.5%還元が普通と言われているクレジットカードの中では目立つ存在ですが、決済ごとの割引となっていることから100円未満の端数は切り落とされてしまうので、小額だと実質0.5%強の還元率になってしまう場合もあることには、注意が必要かと思いました。ともあれ、この2枚で日常の決済を今後は済ませようと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月分の投資実行

オバマ氏が当選した後も、相変わらず株価の迷走は続いていますが、そんな中で今月分の投資を実行いたしました。

購入したのはSTAMグローバル株式。このSTAMシリーズはこの相場の中でも、着実に受益権口数を伸ばしているようで、インデックス投資家の地道さが伺えますが、私もその流れに乗りたいと思いました。

この時期に購入したのは、単にセゾンと購入時期をずらしておきたかっただけで、深い意味はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資産配分と比較 (2008年11月)

月が替わっても諸事情により、しばらく資産状況の計算を行っていませんでしたが、ようやくそれが終了したので、先月末現在の資産配分を示したいと思います。

  • 日本株式 14.6%
  • 世界株式 26.6%(株式41.2%)
  • 日本債券 34.4%
  • 世界債券 16.6%(債券50.9%)
  • 日本REIT 1.5%
  • 世界REIT 3.0%
  • コモディティ 3.4%(その他9.0%)

債券・短期資産除く評価 -38.32%

日本株

  • ニッセイTOPIXオープン:-50.38%
  • インデックスファンド225:-52.84%
  • まめ株(1-3):-51.55%

世界株

  • 中央三井外国株式:-52.22%
  • トヨタ海外株式:-51.37%
  • 朝日Nvestバリュー株:-52.32%

世界債

  • 年金積立海外債券:-15.98%
  • 外貨MMF(2通貨):-20.86%

今月は日経平均の89年以来の最安値更新を始めとし、世界中の株・商品・REIT価格下落、それに円の独歩高が大きく響き、先月以上に損失を広げました。それゆえ、比率としては長らく凋落傾向にあった日本債券が再び、資産の多くを占めるようになっています。株式と債券の比率も大きく債券側に偏りましたが、これはやむを得ないだろうと考えています。当面、株式へ投資を続けるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »