« 大嵐の中で一つの覚悟 | トップページ | 2008年11月分の投資実行 »

資産配分と比較 (2008年11月)

月が替わっても諸事情により、しばらく資産状況の計算を行っていませんでしたが、ようやくそれが終了したので、先月末現在の資産配分を示したいと思います。

  • 日本株式 14.6%
  • 世界株式 26.6%(株式41.2%)
  • 日本債券 34.4%
  • 世界債券 16.6%(債券50.9%)
  • 日本REIT 1.5%
  • 世界REIT 3.0%
  • コモディティ 3.4%(その他9.0%)

債券・短期資産除く評価 -38.32%

日本株

  • ニッセイTOPIXオープン:-50.38%
  • インデックスファンド225:-52.84%
  • まめ株(1-3):-51.55%

世界株

  • 中央三井外国株式:-52.22%
  • トヨタ海外株式:-51.37%
  • 朝日Nvestバリュー株:-52.32%

世界債

  • 年金積立海外債券:-15.98%
  • 外貨MMF(2通貨):-20.86%

今月は日経平均の89年以来の最安値更新を始めとし、世界中の株・商品・REIT価格下落、それに円の独歩高が大きく響き、先月以上に損失を広げました。それゆえ、比率としては長らく凋落傾向にあった日本債券が再び、資産の多くを占めるようになっています。株式と債券の比率も大きく債券側に偏りましたが、これはやむを得ないだろうと考えています。当面、株式へ投資を続けるつもりです。

|

« 大嵐の中で一つの覚悟 | トップページ | 2008年11月分の投資実行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/25005930

この記事へのトラックバック一覧です: 資産配分と比較 (2008年11月):

« 大嵐の中で一つの覚悟 | トップページ | 2008年11月分の投資実行 »