« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

VTI マネックスのみならず楽天も取扱い

先日、正式に待望のバンガードによる米国ETFであるVanguard Total Stock Market(VTI)とVanguard Small Cap(VB)の取扱いについて、マネックス証券から発表がありましたが、間髪いれずに楽天証券も9月26日から同様の商品を取り扱うことを決めたようです。

さすが、「日本における米国ETFの(実質的な)開祖」といえる証券会社だけはある、とその発表を聞いた時には感じました。

特にVTIは、それまでのETFと比較してより広域に米国株式に分散できるのみならず、信託報酬がSPYなど一般的なS&P500に連動するものと比較しても、年0.07%とかなり抑えられているようなので、大いに活用すべきETFだと私見では感じています(私個人ではまだ手が出ませんが・・・)。

それゆえ、このような販売チャネルの拡大は証券会社の乗換えをせずにすむこと、それに取扱会社同士の競争が促されると言う点で、大いに歓迎したいと思います。

あと1つ残る、SBIの動向が気になるところではありますが・・・

関連リンク:

| | コメント (2) | トラックバック (4)

VTI・VBをマネックス証券で取扱い

楽天、SBIに続く米国ETF取り扱い会社となりながらも、そのラインアップではまだ特色を打ち出せていなかったマネックス証券。しかしこのたび、ようやく期待されていたバンガードのETFを取り扱うようになった模様です。

NightWalkerさんの記事で私はそのことをはじめて知りましたが、モーニングスターの記事によれば、まず米国の全域をカバーするVanguard Total Stock Market(VTI)と、中小型株を対象とした指数に連動するVanguard Small Cap(VB)の2本を投入するとのこと。

私見では、米国全域に一本で投資できるETFということで、VTIが結構活用できるのではないかと感じています。

これをひとつの機として、いっそうのマネックスによるバンガード社ETF充実を期待したいと思います。

関連リンク

| | コメント (4) | トラックバック (4)

1306(TOPIX-ETF)を10口発注

NightWalkerさんも記事にされていますが、私も今月分の投資とお試しを兼ね、9月1日から購入単位を以前の1/10、10口単位に引き下げたTOPIX連動型上場投資信託(1306)を、SBI証券のアクティブプランを用いて、成行扱いで10口発注してみました。

私が保有するETFはマネックス証券で購入し、現在は貸株にしている金価格連動型上場投資信託(1328)に続き2本目となりますが、日本株の購入をこれに切り替えるかどうかについては、まだ悩んでいる所です。一般的な投信にある、分配金の再投資や金額単位購入が可能というメリットは、私も捨てがたいと感じているところがありますので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資産配分と比較 (2008年9月2日)

  • 日本株式 16.1%
  • 世界株式 30.8%(株式46.9%)
  • 日本債券 27.9%
  • 世界債券 16.0%(債券43.9%)
  • 日本REIT 1.6%
  • 世界REIT 3.8%
  • コモディティ 3.9%(その他9.3%)

債券・短期資産除く評価 -12.8%

日本株

  • ニッセイTOPIXオープン:-28.60%
  • インデックスファンド225:-27.31%
  • まめ株(1-3):-29.47%

世界株

  • 中央三井外国株式:-23.67%
  • トヨタ海外株式:-23.53%
  • 朝日Nvestバリュー株:-24.71%

世界債

  • 年金積立海外債券:-0.45%
  • 外貨MMF(2通貨):-4.77%

月変わりなので、資産表・比較表を作成しました。先月と比べ、保有資産の評価額が若干減少したことを認識させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道より帰着

悪天候による順延など、必ずしも順調とはいえなかった今回の旅行ですが、けさ千歳から航空機で中部へ飛び立ち、途中で大学に立ち寄って、先ほど帰着いたしました。

この1週間でいろいろな所を巡りましたが、やはり最終活動日であった31日の稚内駅、それに宗谷岬のことは忘れられません。前者はJRの完乗を最果ての駅で果たしたという意味で、後者は日本の最果てまで来たということで、着いたときから感慨深いものがありました。北海道の天候は曇か雨が続いていたのですが、この日は晴れていたので宗谷海峡が良く眺められ、まさにすごい所まで来たものだ、と思った次第です。

ともあれ、2001年から続けてきた趣味の一つに、7年でひと区切りがつきました。そういった意味で、今後も思い出すことが多い旅行となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »