« SBIの1年定期 | トップページ | ZAi 2008年8月号 »

年金新興国への統一

さて、前回は移行を見送っていたHSBC新BRICsファンドでしたが、年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)と入れ替える形で今日売却注文を出し、新興国部門へ投資するファンドを後者へ統一しました。

今後は世界株への投資を実行する際、一部をこの年金新興国に割り当てることになると思います。先進国:新興国の割合をどれくらいにするかというのは、なかなか悩ましい問題ではありますが・・・

なおセゾンGBだと、6月頭当時で株式の比率は日本:それ以外の先進国:新興国≒4:39:6程度となっているようです。これを参考にするのもいいかも知れません。

|

« SBIの1年定期 | トップページ | ZAi 2008年8月号 »

コメント

なんとなくですが、
日本:それ以外の先進国:新興国≒4:39:6

は、、、GDPの生産性でしょうか。。

投稿: silencejoker | 2008年7月21日 (月) 11時23分

silencejokerさん、コメントありがとうございます。

詳しい事情は私にも分かりませんが、何らかの基準があるとは思います。

投稿: 新幹線 | 2008年7月22日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/21762348

この記事へのトラックバック一覧です: 年金新興国への統一:

« SBIの1年定期 | トップページ | ZAi 2008年8月号 »