« 清須・春日 自転車行 | トップページ | 海外新興国株式の統一を検討 »

「さわかみ」を外すかいたく投信

m@さんのブログを見て知りましたが、さわかみ、ありがとう、セゾン、浪花おふくろ、かいたく、楽知んと多く生まれた独立系投信会社の一つであるかいたく投信の代表である森本氏が、自身のブログでかいたくファンドへさわかみファンドを組み込むのを当分見送る指針を示されたようです。

エルさんのブログ記事でも紹介されていましたが、これら独立系投信に関してはその将来に対し、懐疑的な見方をする人も少なくありません。その要素の一つとして、個人投資家でも購入できるファンド(この場合はさわかみ)を組み込んだファンド・オブ・ファンズ(FoF)としていて、投資家にとって合理的な商品になっていないことがある・・・ということが挙げられていました。

私見でも、ありがとう以降のさわかみに続く形でつくられた独立系投信が、ことごとくさわかみファンドという個人で容易に直接購入ができ(しかもその数は既に膨大となっている)、しかもFoFだからといって信託報酬が割り引かれることもない投信を組み込んだ運用をしていることには、だいぶ前から疑問を感じていました。それゆえ私は、これまでこれら独立系の中ではセゾン投信の商品しか購入する気にならなかったのです。

しかしようやく、自己のアイデンティティを運用面でも指し示す独立系投信が現れてきたのではないかと、この記事を見たときには思いました。

さわかみ以外にもこれら独立系では組み込みファンドが重複していることが多い(竹川さんNightWalkerさんの記事参照)ので、まだ断言することは出来ませんが、これを機としてこの業界の発展のためにも、直接投資を行うないし機関投資家でしか購入できない投信を組み込むFoF型の独立系投信が増えてくれることを期待いたしたいと思います。

関連リンク

m@さん「かいたくファンドがさわかみファンドの組み入れを当面見送り」

Nightwalkerさん「かいたく投信」の英断

|

« 清須・春日 自転車行 | トップページ | 海外新興国株式の統一を検討 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さわかみ」を外すかいたく投信:

» 日経マネー 2008年7月号で紹介されなかった事実 [rennyの備忘録]
JUGEMテーマ:ビジネス 日経マネー7月号の第三特集「直販、低コスト、長期運用がキーワード 投資信託、新時代」の冒頭部分で当ブログをご紹介していただきました。こちらをご覧ください。 ボクの個人的な投資・資産運用についてのある事実が、この特集で掲載されるかもしれなかったのである話題についてのコメントを控えていました。 その話題とは・・・... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 16時10分

« 清須・春日 自転車行 | トップページ | 海外新興国株式の統一を検討 »