« 資産配分 (2008年2月1日) | トップページ | 中核ファンドについての意識 »

比較 (2008年2月1日)

資産配分の次は、やはり毎月の恒例となっているパフォーマンス比較をして見たいと思います。

日本株

  • ニッセイTOPIXオープン -24.04%(↓8.70)
  • インデックスファンド225 -24.89%(↓10.93)
  • まめ株(36銘柄) -25.64%(↓8.15)

世界株

  • 中央三井外国株式インデックス -21.38%(↓14.96)
  • トヨタアセットバンガード海外株式 -21.52%(↓15.02)
  • 朝日Nvestグローバルバリュー株 -24.69%(↓13.29)

世界債

  • 年金積立インデックス海外債券 -2.82%(↓1.91)
  • 外貨MMF -7.65%(↓4.85)

円高と株安の影響を受けて、やはり全般的に不調でしたが、見るべきところは上のデータからいろいろと感じられる相場のように思えました。

まず日本株では、TOPIXと日経平均の差が縮小したこと。同時株安からの反動で、TOPIXが日経よりも大きく戻したことから、生じた模様です。わたしのまめ株も少しは差を縮めました。

世界株では朝日が今月は健闘したようです。インデックスとの差が縮小いたしました。

そして世界債。これは金利引下げの影響を受けたのでしょうか、インデックスファンドと外貨MMFの差が開きました。この様子だと、更なる利下げで差がいっそう拡大するかも知れませんね。

今月もいろいろありそうな気はいたしますが、ひとまず締めといたします。

|

« 資産配分 (2008年2月1日) | トップページ | 中核ファンドについての意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/10220256

この記事へのトラックバック一覧です: 比較 (2008年2月1日):

« 資産配分 (2008年2月1日) | トップページ | 中核ファンドについての意識 »