« 2008年 迎春 | トップページ | 2008年 新春の比較 »

2008年 当初のポートフォリオ

さて、2008年に入って世も正月騒ぎを抜け、落ち着きを取り戻している雰囲気ですが、昨年末のポートフォリオを公開したいと思います。

日本株:16.0% 日本債:29.8% 海外株:27.5% 海外債:17.2%

日本REIT:1.6% 世界REIT:3.5% 商品:4.4%

総括してみると、日本株が不振を引きずって割合を若干ながら下げ、海外株と海外債が巻き返した印象を受けます。2007年はとことん日本株に冷たい年でしたが、今年はどうなることでしょうか。

また総計リターンも-5.7%と、下げを引きずった形で終わった印象を受けています。

とりあえず当面の目標は、日本株分野の若干買い増しにしたいと思うこの頃です。

|

« 2008年 迎春 | トップページ | 2008年 新春の比較 »

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

日本株、足元から中国や東南アジアが成長する中で、日本政府の舵取りが悪いのでしょうか…
成長戦略が見えません。GDPも伸びませんし、株価が上がらないのはある意味仕方ないのかもしれませんね。
じっくり見ていきましょうか。。。

投稿: ゆうちゃんパパ | 2008年1月 4日 (金) 06時55分

ゆうちゃんパパさん、新年おめでとうございます。

こちらからもよろしくお願い申し上げます。

投稿: 新幹線 | 2008年1月 4日 (金) 13時18分

こんにちは

初めてコメントさせていただきます。
今「投信ブロガー」のアセット・アロケーションを見ていると、日本債券のウェートはゼロかあっても極わずかの方が多いですが、新幹線さんはそこそこ多いですね。何か参考にしたものでもあるのしょうか?

投稿: レバレッジ君 | 2008年1月13日 (日) 08時56分

レバレッジ君さん、コメント有難うございます。

特に参考にしたものがあるわけではありません。ただ、投資活動を始める前、預金の一部を「個人向け国債」に振り分けたことがあり、それが現在も資産の大きな割合を占めているため、日本債券が一見大きく見えるだけということです。

個人向け国債を抜くと、日本債券の比率は若干ある中期国債とバランスファンドに内包される分のみ―10%弱に落ち着きます。これまた預金から振り替えた中期国債を抜けば、5%にしかならないでしょう。

投稿: 新幹線 | 2008年1月13日 (日) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/9691283

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 当初のポートフォリオ:

« 2008年 迎春 | トップページ | 2008年 新春の比較 »