« 飲み会ラッシュ | トップページ | おそらく今年最後の投資 »

積立ファンドの変更・統一

さて、現在私が自動で積み立てているファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドですが、それに加えて以下のファンドから毎月一つは手動で購入しています。

  • インデックスファンドTSP(マネックス証券にて)
  • ステート・ストリート外国株式インデックス(投信SCにて)
  • PRU海外債券マーケット・パフォーマー(イーバンク銀行にて)

しかし1月からは、以下のように変更したいと思います。

  • 住信-STAM TOPIXインデックス・オープン
  • 住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
  • 住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン

以前も記事で書きましたが、やはり信託報酬以外の保有コストがどうなるかまだ分からないという欠点があるにせよ、これらのファンドはETF以外では今の所、最も妥当な選択肢となるように感じられるからです。

今の所、これらファンドは自動積立に対応していませんが、私は手動で購入しているのでそれはあまり大きな問題とは思いませんでした。

一方、購入がEトレード証券に統一できるということが、手間の面を考えると極めてよいことだと感じられます。住信SBIネット銀行との提携も活用できるため、この面「だけ」で考えることも出来るのではないかと思いました。

|

« 飲み会ラッシュ | トップページ | おそらく今年最後の投資 »

コメント

おはようございます。先日はけんか腰のコメント、本当に申し訳ありませんでした;
それはさておくとして、SBI-住信は上手いことやっていますよね、特に投資信託の設立など。SBIだと怖くて積み立てられないところを、住信なら安心だ、というところはあるかと思います。

投稿: ケングリフィー | 2007年12月21日 (金) 08時37分

ケングリフィーさん、コメント有難うございます。

住信とSBIでどれだけ格差があるかは私には分かりかねますが、実績に頼った面はあるかもしれませんね。

投稿: 新幹線 | 2007年12月21日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/9468740

この記事へのトラックバック一覧です: 積立ファンドの変更・統一:

« 飲み会ラッシュ | トップページ | おそらく今年最後の投資 »