« 「おカネの練習問題50」 | トップページ | Eトレードと住信SBIの口座開設完了 »

投信スーパーステーション

すでに相互リンク先の皆様のブログで書かれていることではありますが、楽天証券が「投信スーパーステーション」として、投資信託の取り扱い本数の大幅拡充に乗り出すようです。

先行している「投信スーパーセンター」の投信取り扱い本数は約600本、それに対してこの「投信スーパーステーション」が目指すものは約1000本といいますから、意気込みようが伺えるものです。

楽天証券のそれまでの投信取り扱い本数は200弱程度でしたが、金額指定の購入や分配金再投資に対応していないなど、かなり使い勝手が悪い印象がありました。そのため、私もこの証券会社は口座を開設しても、しばらく放置の状態にしていました。本数の拡充と同様に、まずはそれらの整備を期待したいところではあります。

Eトレードの躍進で影が薄くなっていた印象があった楽天ですが、反撃を期待いたしたいものです。

|

« 「おカネの練習問題50」 | トップページ | Eトレードと住信SBIの口座開設完了 »

コメント

TBありがとうございました。
新幹線さんが書かれているように、私も楽天証券では投信を購入していません。
数はともかく、金額指定の購入や分配金再投資にきちんと対応してくれれば、ETFへのリレーなどメリットが出てくるのですがね。

投稿: じゅん@ | 2007年11月27日 (火) 22時17分

TBありがとうございます。
私も楽天証券では投信を購入していません。
積立額が少ないと1本で完結するセゾンが一番ピッタリですので。

投稿: うんぼぼ | 2007年11月27日 (火) 23時18分

皆様コメント有難うございます。

品揃えをそろえるとともに、これらにほとんどの投信が対応するようになって初めて、楽天の活用価値が出てくるといえそうです。

まずは、投信積立導入に伴い再投資対応になることを期待いたしたいと思います。

投稿: 新幹線 | 2007年11月27日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/9133895

この記事へのトラックバック一覧です: 投信スーパーステーション:

» 楽天証券 投信スーパーステーション開通 [幸せなお金持ち的日記]
楽天証券で、投信の品揃えを拡充していくというニュースが日経新聞に掲載されていました。(NIKKEI NET ) ラップ口座向けのような特殊なものを除いて、公募投信を全て扱う方針で、実現すれば1000本を超える投信が販売されることになります。既に、投信スーパーステーション... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 21時28分

» 楽天証券が投信の品揃えを大幅に拡充する予定 [ある貧乏人の投資信託物語]
 本日11月26日に日本経済新聞に「楽天証券、投信の品ぞろえ拡充」との見出しで記事が出ていた。  楽天証券は投資信託の品ぞろえを強化する。特定の販売会社用の専用投信などを除く公募投信を原則としてすべて取り扱う方針で... [続きを読む]

受信: 2007年11月28日 (水) 00時32分

« 「おカネの練習問題50」 | トップページ | Eトレードと住信SBIの口座開設完了 »