« 世界株投信 2007年10月 | トップページ | 日本債券をいかに看做すか »

世界債投信 2007年10月

最後に世界債投信を見てみたと思います。インデックスファンドと外貨MMFの比較になります。株価急落後に米政府などによる政策金利の変更などがあったため、成績にけっこう響いたのではないかと思いましたが、結果は以下のようになりました。

  • 外貨MMF -2.17%
  • PRU海外債券マーケット・パフォーマー -0.65%
  • 年金積立インデックスF海外債券(ヘッジ無)  -0.59%
  • 中央三井外国債券インデックスファンド  -0.59%

先月と比較すると、外貨MMFとインデックスファンドの格差が僅かに縮んだような印象を受けますが、大きくは動いていないようです。金利低下による運用格差は、ここから先において明確に現れてくるかもしれませんので、注目したい所です。

同じ外国債券インデックスファンドですが、PRUだけ微妙にパフォーマンスが高い状況も変わりません。年金積立と中央三井は同一成績に落ち着いた様子ですが。

|

« 世界株投信 2007年10月 | トップページ | 日本債券をいかに看做すか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/8356297

この記事へのトラックバック一覧です: 世界債投信 2007年10月:

« 世界株投信 2007年10月 | トップページ | 日本債券をいかに看做すか »