« 8月の投資銘柄 | トップページ | ダイヤモンド社からの投信の新書 »

資産配分 (2007年9月5日)

さて、9月5日現在の投資分野別比率(アセットアロケーション)をみてみたいと思います。昨月は預金などから投信へ資金を大きく振り替えたこともあり、配分が大きく変動しそうな予感がしていましたが、結果は以下のようになりました。

  • 日本株:18.17%
  • 世界株:24.46%
  • 日本債:34.25%
  • 世界債:16.14%
  • 日本リート:1.74%
  • 世界リート:3.40%
  • コモディティ:1.84%

先月のそれと比較してみますと、課題としていた「日本債比率の引き下げ」および「世界債比率の引き上げ」がいっそう進み、理想に近い形に近づいてきた印象を受けます。一方、まめ株ファンドその他の追加投資によって日本株の比率が上がり、世界株の割合が相対的に下がったようにも見受けられますので、その点の是正が今後の課題と言えるかも知れません。

投信の大幅購入をしたおかげで、大きくバランスが崩れているかもしれないと思っていましたが、取りあえずは一安心です。評価は5%程度のマイナスですが、余りこれを気にせず、地道に投資を続けて行きたいと思います。

|

« 8月の投資銘柄 | トップページ | ダイヤモンド社からの投信の新書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/7810228

この記事へのトラックバック一覧です: 資産配分 (2007年9月5日):

» 日本株から海外株へ [株式投資伝説]
株式投資を行う環境が変化しつつある。これからの資産運用は海外株をメインにおくべきかもしれない。それは・・・ [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 14時48分

« 8月の投資銘柄 | トップページ | ダイヤモンド社からの投信の新書 »