« 長期投資家に向いているか | トップページ | グローバルバランスファンド追加発注 »

大幅下落を受けての追加投資指針

さて、金曜日の大幅下落を受けてどうしようかと考えていたのですが、アメリカでは利下げを受けて若干ながらも反発の動きが見られるようなので、追加投資を実行いたしました。

実行したといっても、今月中に投資しようとしていた資金投下を、前倒ししただけなんですが、とりあえず「マネックス資産設計ファンド(育成型)」に関しては「だいたいこれくらいの資金を回そう」と当初考えていた額に投資金額が達しました。「インデックスファンドTSP」に関しては、リレー投資用なので毎月の積み立て+αといった感じなのではありますが、ETFへの切り替えが少し早まることになるかもしれません。

なお「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に関しても、若干ながら追加投資を行うことを検討中です。「何に投資しようか迷っていた資金」というものがあるので、それをまわすという形になりそうですが。

今回の下落は、10~30年スパンで見ると「こんなことで世間が騒ぎ、心が動揺していたのか」と呆れるものになる可能性がある(高い)と感じていますが、投資にも楽しみが必要なので、私は若干ながら臨機的行動をしてみることにしました。

|

« 長期投資家に向いているか | トップページ | グローバルバランスファンド追加発注 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/7600317

この記事へのトラックバック一覧です: 大幅下落を受けての追加投資指針:

« 長期投資家に向いているか | トップページ | グローバルバランスファンド追加発注 »