« 大幅下落を受けての追加投資指針 | トップページ | 日銀 利上げ見送り »

グローバルバランスファンド追加発注

さて、前回お伝えした通り「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の追加発注をいたしました。それは既に購入した分と同額分ですから、当方としては結構な額になります。この先、下落が長期化するかこの辺で終わるかなどといったことは予想できないところですが、長期的スパンを持ってみるならば「投資には適した時期であった」となる可能性が高いと私は見ております。(資本主義経済が崩壊でもしない限り)

NightWalkerさんの記事rennyさんの記事で先に取り上げられていましたが、セゾン投信でもやはり個人投資家の方からコールセンターへ問い合わせが起こったようです。市場が急落すれば不安になり、狼狽売りをしたくなる気持ちも分からないでもありません。

しかし歴史的に見れば、これ以上の下落は何度も存在しています。かのアメリカにおける有名なファンドマネージャーであるピーター・リンチ氏は、1987年10月19日(月曜日)にNYダウが22.6%、自らのファンドの純資産総額が18%も減少する暴落を経験し、その日の夕食に何を食べたかさえ分からないほどのショックを受けたそうです。

だが、その年の12月より相場は回復し、数年後にはこの暴落の分を取り返してしまいました。彼は自著の「ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け」(訳者:三原 淳雄・土屋 安衛、ISBN-13: 978-4478630709)において、以下のようなコメントを残しています。

私は常に、投資家はマーケットの上げ下げは無視すべきだと信じてきた。クラッシュ(暴落)という事態に直面しても、幸運にもマゼラン・ファンドの株主のうち、三%未満の株主しかその週にファンドを解約しなかった。絶望のどん底で売ると、いつだって安値で売ってしまう。

もちろんバブル崩壊による下落のように、その回復に数十年もかかってしまう事例も無いわけではありません(日本株は代表的ですね)。しかし急落という事態に遭遇してもうろたえず、いつもの投資スタンスを貫けるかどうかで、投資家としての真の素質が分かると思います。

私は追加投資という行動を致しましたが、それでもポートフォリオのバランスが大きく崩れたりしないようにし、国際分散投資を一貫したいと思います。

|

« 大幅下落を受けての追加投資指針 | トップページ | 日銀 利上げ見送り »

コメント

私は明日が定期積立の約定日です。
定期積立をしているので、タイミングはあまり気にしないようにしているのですが、いいタイミングの積立でラッキーだな、と思っています。

投稿: うんぼぼ | 2007年8月21日 (火) 20時39分

うんぼぼさん、コメントありがとうございます。

私もいい時期に来たものだと感じました。長期で見るとあまり問題にならないレベルの違いでしょうけれど。

投稿: 新幹線 | 2007年8月22日 (水) 18時56分

時々は拝見しています。20代とはいいですね。
私は定年が目の前です。
もう10年超投資信託を買い続けていますが、やはり海外インデックスが正統というか正解のようですね。長い年月の間には紆余曲折がありましたが、結果はそこに到着しました。
ただし、日本株投信(ETF)は時差がなく購入できる利点がありますので、大きく続けて下がった時には必ず手を出します。
ただし深追いはしません。しても2回まで。
今回は2回しました。最後は先週の金曜日、日経平均が8百円超の下げの日でした。ラッキーでした。
でも1ケ月以内には処分できるでしょう。します。
やはり海外インデックスが故郷です。
参考になるブログを期待して、又拝見させていただきます。

投稿: タイヨウ | 2007年8月22日 (水) 21時07分

タイヨウさん、コメントありがとうございます。

実は私の父が、あなたと同じくらいの年頃です。自営業なので定年は無いですが。

海外ETFは資金力のある人は、積極的に活用すべきものだと感じています。私は現在それが無いので、投信を活用していますが。

父母の資産運用に対するアドバイスもすることがあるので、親近感は抱けます。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 新幹線 | 2007年8月22日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/7617311

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルバランスファンド追加発注:

» セゾン投信の号外メッセージ [もーまがBlog+]
世界的な株安&円高がおこった先週だが、今週はじめにセゾン投信から長期投資家仲間へのメッセージ[号外]が配信された。 多くの運用会社から今回の株価急落に関するレポートが流れているが、セゾン投信については、「長期投資家仲間へのメッセージ」というタイトルもそうだ..... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 22時48分

« 大幅下落を受けての追加投資指針 | トップページ | 日銀 利上げ見送り »