« アンサイクロペディア | トップページ | 外国株比率を高めようと思った要因 »

BRICs分野への投資

現在、私は外国株式の割合を日本株式より高めているということは、以前述べたとおりです。その大半は外国株式インデックスファンド(先進国)ですが、新興国へ投資するファンドも若干ながら組み込んでいます。HSBC 新BRICs ファンドJPM BRICS5 ファンドがそれに当たります。

名前の通り、前者はBRICs(伯露印中)4カ国、後者はそれに南アフリカも加えて5カ国に投資するものです。

外国投資のうち、新興国分野への投資をどれくらいにすべきかという問題に関しては、積極論から悲観論まで様々な声がありますが、私はそのリスク性も鑑み、外国株式インデックスに加え、この分野への投資の1~2割は回してよいと考えています(ただし、一国集中せずに分散させることが前提)。

AKIさんのブログエルさんのブログで述べられている通り、まだ株価収益率で見ても日本株より割安感があり、バブル状態に至っているとは思えないこと、それに発展性はまだ見込めると感じたからです。

とはいえ、新興国に投資する投信は信託報酬や販売手数料が高いものが多いので、将来的には資金をため、iShares MSCI Emerging Markets Index (EEM)などを購入していくのが妥当かな・・・と感じてもいます。しかし、それまで全く投資しないのも非合理だと考えたので、少額ずつこれらにも手数料が割高なのを覚悟で資金を回していこう、と結論付けました(これはREITやコモディティ投信についても同様)。

|

« アンサイクロペディア | トップページ | 外国株比率を高めようと思った要因 »

コメント

こんばんは。
BRICsといえばこのあいだ友人からメールが来て
80万くらい儲かってるという報告を受けました( ̄□ ̄;)!!
この方は、私が投資を勧めて、始めた人です(笑)
BRICsを大きく買ったと聞いたときは、
軽く私は、おいおいと思いましたが、結果オーライで
儲けたようです(笑)軽くうらやましいです(爆)
でも感謝されて、ちょっとうれしいです。
私が勧めていなければ、
間違いなく投資などしなさそうな人でしたからね(*´∀`)ノ

投稿: こぎぱお | 2007年7月15日 (日) 23時47分

こぎぱおさん、コメントありがとうございます。

私も軽く羨ましく感じます。しかし一極集中は、世界的株安などの際のダメージも大きくなるでしょうから、やる気にはなりません。

ハイリスクハイリターンなんですから、本人が自覚しているのであれば、どんな投資をやっても良いとは思います。理解していなければ問題ですけれど。

投稿: 新幹線 | 2007年7月16日 (月) 20時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRICs分野への投資:

« アンサイクロペディア | トップページ | 外国株比率を高めようと思った要因 »