« 資産配分 (2007年7月5日) | トップページ | マネックス社債 »

保有中のファンド一覧 (2007年7月5日)

前回、資産配分について記しましたので、今度は現在保有している投信について述べたいと思います。

ただ私の場合、実験的に買ったファンドが多いので、実際に資産運用の核と考えているファンドは多くありません。それを踏まえ、ある程度投資額が多くメインと位置づけられるファンドを太字にして、取り合えず一覧にしてみました。

日本株

  • インデックスファンドTSP
  • ニッセイTOPIXオープン
  • MHAMインデックスファンド225
  • 単元未満株36銘柄(まめ株ファンド3種。あの後更に2銘柄追加)

世界株

  • ステート・ストリート外国株式インデックス
  • 中央三井外国株式インデックスファンド
  • トヨタアセットバンガード海外株式ファンド
  • 朝日Nvestグローバルバリュー株オープン
  • HSBC新BRICsファンド
  • JPM・BRIC5ファンド

世界債

  • PRU海外債券マーケットパフォーマー
  • 年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジ無)
  • 中央三井外国債券インデックスファンド
  • 働くサイフ
  • 外貨MMF(米ドルとユーロ)

リート

  • DIAMワールド・リート・インカム(毎月決算)
  • DIAM世界リートインデックスファンド(毎月決算型)

バランス

  • マネックス資産設計ファンド(育成型)
  • セゾンバンガード・グローバルバランスファンド
  • 野村世界6資産分散投信(成長コース)
  • 野村資産設計ファンド2040

短期債券

  • MMF(日興アセットマネジメント)
  • MRF(大和投資信託委託)

こうして書き並べると、良くここまでそろえたものだと我ながら感心する一方、呆れました(笑)。アクティブファンドは概ね世界株式のものに傾斜していて、それも新興国のものが中心です。ちょっとはつまんでみようという感じで、少額で手を出しました。

リートについてはまだ自己なりの決着がついていないため、取り合えず2種のファンドを購入して様子見しています。

MRFは大半がフィデリティ証券においてあり、金利キャンペーンによるものです。他にも野村のが少額ジョインベストにありますが、数百円なので含めませんでした。

またマネックス資産設計ファンド(育成型)は信託報酬が高めですが、その運用方針に惹かれるところがあり、更にはさわかみファンドよりは分散されている事からまだいけるんじゃないかという感じで、「自己の運用と対比させてみよう」という考えに基づき、それなりの額を購入しました。

|

« 資産配分 (2007年7月5日) | トップページ | マネックス社債 »

コメント

初心者 です 昨日 銀行の 薦めで 日興 世界のサイフ を 購入 しましたが サッパリ わからない まま 購入 しました 定期の利息 より 良い との事 ですが どう いいか 教えて 下さい

投稿: 田中 | 2009年5月22日 (金) 00時56分

田中さん、コメントありがとうございます。

投資信託は公社債に投資する一部のものを除き、「定期の利息より良い」と一概に言える商品ではありません。昨今のように市況が悪い状況では、元本割れの状態が継続することもあり得ます。まずその点を踏まえてください。

投資信託は預金とは全く異種の商品であり、無理解のまま購入するのは危険を伴うと感じています。投資信託に関する書籍(例として左下に羅列)を一度お読みになってはいかがでしょうか。

投稿: 新幹線 | 2009年5月31日 (日) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/7045387

この記事へのトラックバック一覧です: 保有中のファンド一覧 (2007年7月5日):

» 郵便局の投資信託 [郵便局で投資信託 初心者の投資信託]
今、郵便局の投資信託が人気です。ゼロ金利解除で金利があがっている、景気が回復しているとは言うものの、預貯金の利息はまだまだ、低いものです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 07時33分

» 資産運用について [超初心者のための株式投資日記]
「初心者のための株式投資日記」のkouseiです。今回の「初心者のための株式投資日記」は、「資産運用について」です。株式投資では資産運用の計画が重要です。予定のある資金は当然ですが、事故・病気など、急な出費の事も考えて、余裕を持って株式投資をするべきです。ビギナーは特にそうです。全資産を株式投資に使ってしまうと、重要な時に「株価下落してしまったーー!」と言う事になってしまいます。 トレードにリスクはつき物です。ですから、使っても良いお金の範囲で株式投資をする事が重要です。... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 21時38分

« 資産配分 (2007年7月5日) | トップページ | マネックス社債 »