« お試し・随時購入をする投信 1 | トップページ | 生命保険について 1 »

お試し・随時購入をする投信 2

さて前回、かなりの量のファンドを「購入候補としている」ということを述べました。しかし、その中で真に「資産運用の一環」として購入しようと考えているものは、ごく僅かです。では、なぜこれだけのファンドを購入しようと思ったのでしょうか?

結論を申しますと、「自分の資金を用いて検証をするため」という実験・お遊び的なものです。

日本株のインデックスファンドなんかはその典型で、以前ジョインベスト証券の記事(http://shinkansen-19641001.cocolog-nifty.com/kodama/2007/05/post_d8dc.html)で「まめ株を用いて自前ファンドを作成する予定」を持っていることを述べましたが、それと同時にTOPIXと日経225に連動するこれらのファンドを購入し、リターンを比較してみれば、インデックス投資の暇つぶしになるのではないか・・・と思ったからでした。

バランス型ファンドにもそのようなものは多く、たとえば「セゾン資産形成の達人ファンド」は現状ではまったく活用価値が見当たらないファンドですが「記念碑」的に、「すみしんマイセレクション75」や「野村世界6資産分散投信」はバランス型としてはコストが安いためやはり検証用に(参照リンク:http://fund.jugem.jp/?eid=72http://setuyakurainbow.blog59.fc2.com/blog-entry-87.html#morehttp://mcn.oops.jp/wiki/index.php?%C5%EA%BB%F1%BF%AE%C2%F7%2F%A5%EA%A5%B9%A5%C8%2F%A5%D0%A5%E9%A5%F3%A5%B9http://mcn.oops.jp/wiki/index.php?%C5%EA%BB%F1%BF%AE%C2%F7%2F%A5%DD%A5%A4%A5%F3%A5%C8%2F%A5%B3%A1%BC%A5%B9%CA%CC%2F%CA%FC%C3%D6)、外貨MMFは外国債券インデックスファンドと同時購入し、日本株同様に「リターン比較という暇つぶしをするため」、外国株アクティブファンドは「過去実績のリターンが高いため、インデックスと同時購入して比較してみる」といった具合です。

結局DIAM 世界REITインデックスファンド(郵便局の所で既述)などを除き、本格活用を考えているものはありません。インデックス投資の欠点として「暇、退屈」ということがよく上げられますが、それを何とか埋められないか・・・と考えた結果でした。

行動的を分析すれば小僧さんがコメントで述べられたとおり、「まったく合理的なことではありません」(真似する必要はまったくありません)が、投資を楽しみながら継続するのには、購入し保有するだけなので、コストが余りかからないからいいんではないか・・・と思いました。

|

« お試し・随時購入をする投信 1 | トップページ | 生命保険について 1 »

コメント

常に合理的である必要はないと思いますよ。
いろんな方法、商品を試してみればいい
のでは?そういった試行錯誤の中から、
自分なりの投資スタイルというものが
生まれてくると思います。

# 売り買いは、1年に1、2回程度に
# 抑えておけば、コストも問題にならない
# と思います。

Good Luck!


投稿: ひろん | 2007年6月 7日 (木) 18時08分

横槍的なコメント大変失礼いたしました。
過去ログを拝見させていただき、様々なことをお考えになられていることを知りました。
私が知りたかったのは、①自分でファンドを組み合わせ最適なアセットアロケーションを用いてボラティリティを減少させる事と、②予め最適と思われるバランスファンド(セゾンやマネックスなど?)をひたすら積み立てていくという、①と②を比較した場合、②の方がはるかに何も考えなくて済み、また売買がない分、長期投資の基本であるバイ&ホールドが成立しやすく、複利の恩恵も①よりも受けやすいのではないかということです。
私も20代の投資家です。このブログでいろいろ勉強させていただきたくコメントさせて頂きました。

投稿: 小僧 | 2007年6月 7日 (木) 20時08分

インデックス投資は購入してしまえば退屈ですが、その退屈な時間を有意義に使えるようになれば人生も有意義になるのかな、と思っています。

投稿: うんぼぼ | 2007年6月 7日 (木) 21時26分

「自分の資金を用いて検証する」これは私も大賛成。インデックス投信から入ったもので、財務諸表の読み方も知らなかったのですが・・これではダメだろと少しばかり勉強し、実際数銘柄購入しています。
インデックス投資の暇つぶしになりますし、なによりブログのネタに(笑)
まめ株ファンドも楽しみにしています。

投稿: じゅん@ | 2007年6月 7日 (木) 22時55分

はじめまして。いつも参考にさせていただいております。
「海外投資生活」というブログを書かせていただいております。
いつもかなりくわしい情報が満載ですね。
私のブログにリンクを貼らせていただきました。
もしよろしければ相互リンクをお願いいたします。
今後も参考にさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ミルフィーユ | 2007年6月 8日 (金) 00時15分

こんばんは
自分もイーバンク銀行でDKA6資産バランスファンドなんかは検証用に最低額を買ってみようかなと考えています。
すみしんマイセレクション75は設定当初購入していた覚えがあります。日本優勢なアロケーションなので途中解約してしまいましたけど。

投稿: m@ | 2007年6月 8日 (金) 01時43分

これからも色々と商品を比べてのレポートを楽しみにしています。
実際に投資をしてみてファンドの魅力が見えてくることもありますしね。

それにしても楽しそうですね~♪

投稿: かえる | 2007年6月 8日 (金) 12時58分

皆様コメント有難うございます。

まだ投資活動ははじめたばかりなので、様々なことを試行し、自らのスタイルを確立したいと考えています。

>ミルフィーユさん

相互リンクの件、承知いたしました。今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 新幹線 | 2007年6月 8日 (金) 17時11分

買ってこそ見えてくるモノがある、という考え方には大賛成です。
あるファンドについて、<保有せずとも>ウィークリー・デイリーのレポートや目論見書も見る事が出来るため客観的な評価を下せるようにも思えますが、やはり<保有してこそ>見えてくる、そのファンドの長所短所というのがあると思います。

投稿: 世界のREIT | 2007年6月 8日 (金) 17時49分

世界のREITさん、コメント有難うございます。

自分の金を委託していると、ファンドの成績とかをより実感的に見る事が出来ると思います。

こちらから貴方のサイトへリンクをはらせて頂きました。今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 新幹線 | 2007年6月 8日 (金) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お試し・随時購入をする投信 2:

« お試し・随時購入をする投信 1 | トップページ | 生命保険について 1 »