« マネックス証券 | トップページ | 原著第9版 ウォール街のランダム・ウォーカー »

投信スーパーセンター

さて今日、一つ目の口座開設完了通知が届きました。投信スーパーセンターです。

ここについては開設が発表された頃から、ここからリンクさせていただいている秀逸なブログで検証記事が出され、さらには最近の書籍・雑誌にも記事が載っていたため、私も時間をかけて勉強させていただくことができました。

とりあえず私がここに口座を開いた理由は、海外株式・債券インデックスファンドの種類が豊富ということでした。そのうち、債券に関してはイーバンク銀行やマネックス証券(前記事で既述)でも取り扱われるようになってきて、その優位性は失われつつありますが、株式に関すると販売手数料がなくて一見お得に見えても、長期で見ると信託報酬やその他の隠れコストで損してしまうファンドを取り扱っている証券会社が多いため、種類が多く良質な投信が含まれる投信SCを活用して行こうと考えました。

昨今の日興コーディアルグループをめぐる状況変化により、「将来消えるかもしれないから、使いたくない」という意見の方も、ちらほら散見されます。しかし私は、どこの証券会社に口座を開いたとしても、商品の取り扱い停止リスクは避けられないのではないか、と考えました。これは水瀬ケンイチさんのブログ記事(http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-232.html)を拝見し、学ばせていただいたことです。

そのため「現状では有利」ということを根拠に、主に外国株式インデックスファンドの購入をここで行っていく予定です。もし取り扱いが停止されたときには、その時点で有利なファンドと取り扱い会社をまた探そうと思っています。

|

« マネックス証券 | トップページ | 原著第9版 ウォール街のランダム・ウォーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404285/6559958

この記事へのトラックバック一覧です: 投信スーパーセンター:

» 投信の罠-保有コストが安い投信について-後編 [初心者でもできる投資信託、投資信託で毎月分配金をGET!]
今回は、前回に引き続き保有コストの安い投信のランキングです。 今回は、国内株式型/中小型株・店頭株のランキングについてです。 1位 インベスコ店頭・成長株オープン ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 17時08分

» 投信スーパーセンターでのオススメポートフォリア [投信スーパーセンターなら手数料がおトク!]
投信スーパーセンターでのおすすめのポートフォリア例が この本に載っていました。 この本では、投資信託は国内株式、外国株式、外国債券の3タイプについて、なるべく手数料の安いインデックスファンド(リスク分散を図るなら個人向け国債)を買っていくことだと書いてありま..... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 09時40分

» 国内株式型のファンドタイプと分配の流れってどうなのかな [投資信託には大和や野村証券!?不動産や郵便局の投資信託もありベトナムにも?]
組み入れる株式の中には、複数の市場に幅広く投資する商品もあれば、特定の市場や業種... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 17時23分

« マネックス証券 | トップページ | 原著第9版 ウォール街のランダム・ウォーカー »