« 世界株ファンドの検討 2 | トップページ | 世界株ファンドの検討 4 »

世界株ファンドの検討 3

いよいよ核心部分に入ります。はじめに述べた3つの条件を満たすノーロード型ファンドで、円単位の購入が可能なものをあげると、投信SCで3本が扱われていることがわかります。

ステートストリート海外株式インデックスファンド 信託報酬:0.9975%

年金積立インデックスファンド海外株式 信託報酬:年0.882%

PRU海外株式マーケット・パフォーマー 信託報酬:年0.84%

こうして信託報酬だけを上げると、PRU海外株式マーケットパフォーマーが最適ということになります。これを選べばいいのでしょうか?私も以前は、そう考えていました。

しかし、投資信託には信託報酬以外にも保有時にかかるコストがあります。それを教えていただいたのは、ここからもリンクさせていただいている、assetsさんの投信SCに関するブログ記事(http://assets.blog54.fc2.com/blog-entry-90.html)でした。委託手数料、保管管理料などがそれに該当します。

そのため、投信に関する情報を提供している投信評価情報サービス(http://ita.dir.co.jp/index2.html)を用いて、上のファンドを比較検討してみました。

その結果は歴然で、PRUの委託手数料と保管管理料は前回の決算時、かかった信託報酬の約57%もの額になっていました。また、年金積立も約37%、ステートについても約15%、これらのコストがかかっています。これを単純に信託報酬に上増しすれば、PRUの実質コストは約年1.32%、年金積立は約年1.21%、ステートストリートは約年1.15%となり、信託報酬だけで見た場合と順位が逆転してしまいました。

しかし、保管手数料とかは年毎に変わるようなので、これらの単純計算は余り当てになりません。どうすればいいのでしょうか?

次回、最終回でそれについて私なりの結論を述べたいと思います。

|

« 世界株ファンドの検討 2 | トップページ | 世界株ファンドの検討 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界株ファンドの検討 3:

» 販売会社別インデックスファンド一覧 [インデックス投資、長期投資、積立投資など]
販売会社別で最も低コストのインデックスファンドを一覧にしてみました。 ●[http://www.toshin-sc.com/ 投信スーパーセンター](積立購入可)  (1)日本株インデックスファンド    ・[http://www.nam.co.jp/fundinfo/nto/main.html ニッセイ TOPIXオープン] 【購入手数料】0%(ノーロード)、【信託報酬(税抜)】0.5%  (2)外国株インデックスファンド    ・[http://www.pr..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 23時38分

» さわかみ投信(ファンド)ってどうなの? [さわかみファンドde魅力のさわかみ投信生活]
さわかみ投信(ファンド)ってどうなの?今まで、投資なんか興味もなかった私です。というのも、ファン... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 18時28分

« 世界株ファンドの検討 2 | トップページ | 世界株ファンドの検討 4 »